診察をしていると、うつ状態、うつ病の方に出会う事があります。
うつ状態といっても症状は色々ありまして、憂鬱な気分がずっと続く、元気、やる気がでない。好きな事をしても楽しめない。といったことから眠れない、食欲が出ない。不安、焦りに加えて疲れやすい、身体が重い、頭痛、腰痛、身体が痛いといった身体の症状も認めます。

うつのメカニズムとしては脳内のセロトニンが少なくなって、、とかあるんですが、

診察で難しいこといってもよくわからなくなるので私としてはうつとはストレスがかかり頭が疲れすぎてうまく機能しなくなることと説明しています。

身体が疲れると頭で自覚するんですが、頭が疲れると頭は疲れることが自覚できなくなったりします。

頭が疲れると頭が回らず忘れたり、仕事がすすまなかったり失敗したり、あと話す事が大変になり人に会うことがおっくうになることがよくあります。

うつは心の病気と言いますが厳密には脳の病気なんですね。

なのでうつぽいと感じたら頭を休ませる事が大事です。ストレス軽減と、疲れを減らすこと、つまり睡眠をとる事や気分転換が頭の疲れには有効です。

吉祥寺いろはメンタルクリニック
日比慎太郎