お問合せ診療カレンダー
吉祥寺公園口3分の心療内科。睡眠障害、うつ、自律神経失調症、ストレス、カウンセリングなら「吉祥寺いろはメンタルクリニック」
TEL:0422-29-8656

みなさまの心と体のお悩みに耳を傾け、回復をサポートするクリニックです

吉祥寺公園口徒歩3分 2017年11月1日開院

診療方針

睡眠障害、うつ、自律神経失調症、ストレス障害、統合失調症、発達障害、物忘れ、産業医コンサルタント等を得意としております。診断、治療とも相談して行っていきます。

診療科目

心療内科、精神神経科、睡眠外来、物忘れ外来、心理検査、カウンセリング、産業医面談、ストレスチェック

予約制(電話受付)です。

お知らせ

吉祥寺いろはメンタルクリニック開院のお知らせ

2017年10月18日

吉祥寺いろはメンタルクリニックは平成29年11月1日に開院致します。よろしくお願いします。

当院のご案内

吉祥寺公園口3分2017年11月1日開院

みなさまの心と体のお悩みに耳を傾け、回復をサポートするクリニックです。
当日診察ご相談ください。

当院の特徴

吉祥寺駅公園口徒歩3分。井の頭公園近くのバス停留所のすぐ裏、静かで落ち着いた場所にある心療内科クリニックです。睡眠障害やうつ病、発達障害、パニック障害、物忘れ、職場不適応、不登校、統合失調症(その他の症状もご相談ください)、家庭や職場、プライベートな悩みの相談もお受けしております。こんなことを相談してもいいのかなと思うことでも大丈夫です。漢方治療、心理検査、カウンセリング、女性外来も行っております。
待ち時間を短縮できるよう予約制です。まずは電話でご連絡ください。

院長 日比 慎太郎

当院ホームページを訪問していただきありがとうございます。

わたしは高校生まで長野県で過ごし、浪人生活後、大学入学と同時に上京しました。

東京での単身生活は不安と期待でいっぱいでしたが、そんな田舎者も武蔵野は温かく受け入れてくれました。大学を卒業後、杏林大学精神神経科学教室に入局。先輩たちから多くを学び、精神科専門病院や心療内科クリニック、企業で産業医としてのメンタルヘルス活動を経て当クリニックを開院致しました。

緊張せず、ふらりと立ち寄れるようなクリニックを目指しておりリラックスできる診察室でご相談していただければと思います。吉祥寺駅公園口徒歩3分、井の頭公園近くの落ち着いた環境にあるクリニックです。

診察はカウンセリングや漢方での治療、最新の薬物療法等一人一人の希望に耳を傾けながら相談し、ともに回復を目指す方針です。こんな事でもいいのかなという事もぜひご相談ください。皆様のお手伝いができることを心よりお待ちしております。

資格

精神保健指定医
精神科専門医、指導医
日本医師会認定産業医

所属学会

・日本精神神経学会

F77E76DA-B9BE-4515-8CC8-C02865DC342Es

略歴

平成17年 杏林大学医学部卒業
平成17年 長野赤十字病院勤務
平成19年 杏林大学病院精神神経科勤務
平成22年 東京海道病院勤務
平成23年 大手通信会社、ゲーム会社、IT会社、施設等嘱託産業医兼務
平成26年 東京海道病院医局長
平成29年 吉祥寺いろはメンタルクリニック開院

吉祥寺いろはメンタルクリニック ブログとお知らせ

営業時間・カレンダー

時間
9:00~12:00 - - ● 8時~
12:00~15:00 - -
15:00~19:00 - -

休診日:日曜・祝日
土曜日は8時から15時までです。
火、金曜日は企業、施設等への往診を行っております。

はじめて受診される方へ

①電話予約
fotolia_86303306
②来院
fotolia_106094914
③受付
fotolia_59321981a
④問診票の作成
Check
⑤診察
fotolia_117881447
⑥お会計
fotolia_47022980

産業医の依頼をうけております。

各種企業様の嘱託産業医の依頼を受けております。最近傾向として、労災においては身体疾患は減少傾向にあるのもの、精神疾患での労災は増加傾向にあり社員さんのストレスフォローも職場の責任が問われるようになっております。休職復職時の産業医面談。ストレスチェック実施、ストレスチェック面談の依頼も受けております。

杏林大学精神神経科との提携

当院から一番近い大学病院である杏林大学病院とも密に提携し、入院や心理検査等の連携も行います。また、杏林大学精神神経科の外来も毎週担当していきます。

吉祥寺いろはメンタルクリニックで担当している診療項目

睡眠障害

fotolia_136510133

「ねむれない」といっても寝つきが悪い、夜中何度も起きる、熟眠感がないといった様々な症状があります。お薬の治療も選択肢として、生活リズムや布団に入るまでのパターン、眠れないときの行動等も分析し、よい睡眠を目指していきましょう。

うつ病

fotolia_138294368

長期間、強いストレスにさらされると脳内の伝達物質であるセロトニンが減少し、「眠れない」「ゆううつな気持ち」「好きなことが楽しめない」不安、あせりといった心理症状や「頭がいたい」「体がだるい」「疲れやすい」検査では異常がないのに調子が悪いといった身体症状も認めます。

発達障害

fotolia_108254798

人つきあいがうまくいかない、みんなと同じようにできないといったアスペルガー障害(自閉症スペクトラム障害)や忘れ物が多い、落ち着きがない、衝動的に行動してしまうといったADHD(注意欠如多動性障害)等定義されます。心理検査や生活歴等を参考に傾向を確認し、ご心配に改善に努めていきましょう。ADHDには改善薬もあります。

パニック障害

fotolia_100407279

理由もなく突然に「死んでしまうかもしれない」という強い不安や過呼吸、頭痛、発汗や心臓がドキドキするといった自律神経症状を認めます。薬物療法に加えて、脱感作療法といった行動療法にて回復を目指していきます。

物忘れ

fotolia_98751814

物忘れが多くなる、何度も同じ話をする、片づけられなくなる、迷子になるといった行動障害や眠れない、怒りっぽい、元気がないといった性格変化は認知症の初期症状かもしれません。「何を食べたのか忘れてしまう」のはそれほど心配ではありませんが「食べたことを忘れてしまう」のは心配です。ご家族からの相談もお受けします。

統合失調症

fotolia_129540951

「カメラで見張られている、狙われている」といった実際にはない事を信じており指摘しても訂正できないといった妄想やいない人の声や音が聞こえるといった幻聴。異常な行動や引きこもりといった症状を認めます。100人に1人の割合で発症し、ドパミンを主として脳内の伝達物質のバランス異常を認めます。薬物療法やリハビリテーションが有効とされております。

適応障害

School classroom with blackboard

職場や学校、家庭等の生活環境との不適応を認め、眠れない、食欲がない、不登校、出勤困難と症状を認めます。カウンセリングにて生活環境の調整やどう適応していくかのアドバイスを行っていきます。

強迫性障害

fotolia_164260650

カギや電源の確認、手を何度も洗う、不潔恐怖、数字や言葉が頭から離れないといった「おかしいと思うけどやめられない」といった症状を認めます。SSRIを主とした薬物療法に加えて行動療法が有効とされております。

DSC_2784
外観
69AA51EB-035E-491D-B9D2-3C6C8A3771D9-600
受付
DSC_2864s
診察の様子

よくある質問

住所

〒180-0003 武蔵野市吉祥寺南町1-10-10Sビル2階
TEL:0422-29-8656
FAX:0422-29-8657

アクセス

■吉祥寺公園口徒歩3分

map

お気軽にお電話ください。

診療時間:月水金 9:00~19:00
※土曜日は8:00~15:00まで