12月13日金曜日に上野にある障害者職業支援センター、リワーク東京にて人事担当者向けに1時間くらいお話をさせていただきました。

今回は産業医と主治医の両方の立場から休職や復職に関してのポイントとして、それぞれの会社の就労規則にてできることできないことを知って頂くことが大事でありまた、診察の場で復職の判断は難しいこともあり定着のために職場や産業医と主治医が連携していくことが大事ですよ、と日々感じる事を私なりにお話ししました。

また、その後、多くの方から質問を受けて人事もメンタルヘルス対策として悩みは多く、私も大変勉強になりました。

産業医として会社で勤務すると病院で作成それた診断書がどの様に対応されていくのか復職プランがどのようになっていくのか等学ぶ事が多いですね。

働く事で健康を損なうことは誰も望んでおらずそうならないように準備していくことはとても大事ですよね。

 

吉祥寺いろはメンタルクリニック

日比慎太郎