先日ファミリーマートで発売していたとんでもなく大きなプリンを食べました。

プリンは好きです。特に卵の味がするおいしいのがいいですね。そこで考えていたことがあります。私がプリンを食べることは一つの挑戦でもあります。自分に課した戦いでもあります。どういう戦いかというと私にとってプリンを食べる際、プリンというのは黄色い卵の部分であってカラメルソースはプリンではないということです。すこーしずつ上から食べていって、できるだけカラメルソースを流失させないこと。ちょっとでもプリンをひっかいて、まだあんまり食べていないのにカラメルソースがどばっと出てきたら終了です。手術失敗です。だってカラメルソースは苦いんですもん。甘いのもあるけど純粋に黄色い卵の部分のみを楽しみたいのです。たまーにカラメルソースがないのもあるけどそれだと緊張感がないのでプリンという気がしないのであります。カラメルソースぎりぎりまでプリンを食べること。それが私のプリンを食べる際のこだわりです。うまくいったときは充実感、食欲も満たされます。

吉祥寺いろはメンタルクリニック 日比慎太郎